2008年12月31日

よいお年を。

今日は飲み会〜。といっても若者面子(夜勤)ばかりなのでファミレスで乾杯なんですが。
明日から連勤なので今日は英気を養いたいんですが、まぁこれも付き合いってやつです。
愉快な仲間たちなので、そこまで会うのも苦じゃないですし。


時々ふと、ああ、人生って螺旋状に続くんだなって思う時があります。
同じ事を繰り返しているようで、緩やかな弧を描き、違う時の中を生きているというか。
何かを懐かしいと思い出す時って、きっと過去の螺旋の弧と一番近しい弧に立っているんじゃないかと思うのです。
人も然り。飼っていたペットも然り。
もう遠くなってしまった存在をふと思い出す時、何故だか気配をすぐ傍に感じるような。

目を閉じて手をあげて、笑顔を交わして、またさよなら。

ああ、忙しい。螺旋状の人生を、いつだって人は前に向かってしか生きられない。


そんなことを思う年末。
今年は辛かったなーと思うけど、来年が本番厄年なんで気合いいれます。
皆様、良いお年を…

正月なんか嫌いだ…(毎年言ってる)






posted by sui at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

喜びの詩

早速誕生日の職場の人から返信メールが。


書き出しがシェイクスピアのソネット第60番で、寝起きの脳みそでは本当に理解不能でした。
そうだったそういえばこういう人だった…。

とりあえず怒っては…ないはず。(ハラハラ)

プレゼントが遅れたことに大して、

「気持ちだけでもう両手が塞がってます。それ以上は何処に持とうと思案しなくては。」

との大人過ぎる回答。なんだこの人。(いやだからいつもなんだけど)

知識も幅広く(特にフランス文学に精通)人望も厚く(店長に先生と呼ばれてる)彼女さんは人格者で(ちょっとツンデレだけど)才能豊か(写真やらなんやら…)。

私の店での知識(主に接客に対しての心構えや対処方法)は彼一人に教わったといっても過言ではない大恩人なのですが、未だに知らざる面の多い人でもあります。不思議だ…

そして私がソネットをイマイチ理解出来てないことは永遠に秘密にするべきだなと今日心に誓いました。

いや、分かるのは分かるんだけどむにゃむにゃ…









posted by sui at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘れてたー!

職場の人の誕生日、今日じゃん!(大慌)
いや、忙しかったし、私もう夜の人じゃないしっ!(言い訳)
あわわわ今年の誕生日に『月下の一群』くれた人に何たる失態!いやー!(絶叫)

ということで慌てて「言い訳メール」しました。
プレゼントは後日必ずということで。
慌てた所為で奮発してしまった…。(ネットショッピング)金が…(しょぼん)
その人が好きそうな手頃なものが浮かばなくて、結局海外ドラマグッズに。
CSI好きだって言ってたはず…科学捜査班は全て見たとかグリッソム超渋いとかキャサリンとくっつけばいいのにねと言ってたはず…!
よ、喜んで下さるだろうか…。

私が師と拝める人なのです。前回(ブログ)のアルバイトさんが黒なら明らかに白の人。
根っからの善です。「僕に何か出来るかな」って控えめに助けてくれるような人。
私が男なら是非親友になりたかった…と真剣に思います。
黒の人とはまぁ友達くらいならなってやってもいい。(態度でか)
ともかくああ今日顔会わせるのが…(苦悩)す、すまん…!

反省して寝ます…はぁ…

posted by sui at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

正義の見方(誤字にあらず)

やっぱり言い損ねたメリクリ。
お髭も赤い服も着てなかったけど昨日までに沢山のサンタさんのプレゼントを包装しましたよ。誰か私に「ナイス・アシスト!」と言って…(言ってくれるだけでいい)


クリスマスイブだってのに仕事が終わらず、9時過ぎまでサービス残業してました。
その時の会話↓

アルバイト・男性(25?)「○○さん(私)。」
(↑私が頼んだ手作業を黙々としてもらっている)

私「はい?」カタカタカタカタ
(↑私も別の作業でパソコン打ちっぱなし)

アル「今日はイブらしいですよ。」

私「知ってますよ。」

アル「もう9時ですよ。」

私「知ってますよ。」

アル「それでいいんですか?

私「何が言いたいんですか?

アル「いや、言いたい事はないんですけど。」

私「そうですか。」

アル「ただ、僕も今日休日出勤なんですよね。

私「私に謝って欲しいんですか?

アル「ははは、いや、別に。


イブの全然清々しくない会話。彼と会話すると大抵ブラックになるのは私の所為だけではないと信じてる。善い人か悪い人かと言われると、限りなく漆黒に近いクレパスの黒、みたいな人です。(例えが…)多分いつか私の部署乗っ取る気だぜ…

↑これ書いてる時に彼との他の会話を思い出しました。


アル「○○さん、今日の申し送りは。」
(↑私が帰る6時から10時まで私の部署にいてくれる)

私「ああ、えーっとそこの申し送りにも書いたんですがDMのデッキがヒーローサイドと敵役サイドの2種あって」
(↑早く帰りたくてバタバタしながら。)

アル「どっちが人気なんですか?」

私「そりゃヒーローサイドですかねぇ。」

アル「なんでですか?

私「な、なんでと言われても…やっぱり正義の味方だからじゃないですかね?」

アル「正義が本当に正義かなんて分からないじゃないですか。

私「はい?」

アル「それに正義の味方よりも悪役の方が(数的にも)圧倒的に強いに決まってるじゃないですか!

誰かこいつを黙らせろ。

と、叫ばなかった私を褒めて欲しい。
わざとじゃないんです。素で根っからのブラックです。真顔で力説されるとちょっと引きます。(↑の理論)でも甘党。(関係ないか)
ああなんでクリスマスに↑の人のことばかり書いているんだ深い意味はないんだぜと誰かに言い訳したい今日この頃。他にネタがなかっただよ。

お、そういえばクリスマスプレゼントを友人から郵送で頂きました。
ありがとう!このブログ見てない(はず)だけど見てたら悪いからこの場で感謝!

ともかくメリークリスマス!
今年の前期の地獄は終わった!あとは後期(正月)だ!!



posted by sui at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

悩みの種

「ねー、食事しようよ。いつがいい?あ、オレ正月実家かえるからさ、三日以降とかどう?ねぇ、ねぇってばさー。」



と、最近毎日店に通ってくる17歳。

色々変なのに懐かれる傾向にはありますが、今回もちょっと頭が痛い…
一体君はどういうつもりなんだい?と面と向かって聞いたら「え?だって寂しいからさぁ」と。

だから一体なんなんだい?(困)

23歳のおねいさんは17歳の異性と二人きりで食事なんか…普通に出来ないんですけど。
…出来ないよね?(少し不安になった)
まぁ悪い子じゃないんです。近所の悪ガキと仲良く遊んでる、高校行ってない子。
親戚のうちに預けられてて、うちの店の近くのコンビニで働いてるんだそうで。
理由なんか聞いちゃいませんが、とにかく知り合いがいなくて寂しいと本人談。
だからって…私にどうしろっちゅーんじゃい。どうしてこう次から次へと頭の痛い話ばかり舞い込むんですかね。あ、厄年だからか?

別に仲良くすればいいじゃん、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、はっきり言って想像を絶しますよ、相手が未成年だと。

ちなみに「下の名前教えて」と言われたから無言で自分の名前を(漢字で)書いて渡したら真剣に悩んでました。どうだ、読めまい。(小さな仕返し)

私に必要なのは休養とお金だ…(正直だ…)


posted by sui at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

ツンデレな彼女。

うちの職場のツンデレさん。

今日職場から帰るときのこと。



「○○さん(私)早く帰ったら?

でも、外は暗いから気をつけて帰ればいいよ。


思わず言葉に詰まったのですが、

私の事本当は好きなんですね。

と言うと、

「はっ、都合のいいように解釈しないでくれます!?

と怒濤の勢いで言われました。パーフェクトツンデレ…!

というか他の人には普通なのに私にだけツンデレ…。なして?
いや、別に困らないからいいけど。(ツンデレが好きとかじゃないっすよもちろん)
ツンだけじゃないからまぁいいか。彼女は善き人です。多分。










posted by sui at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

地獄のメリクリ

コミック『皇国の守護者』が面白ーーーい!(>▽<)ノ
いやー、面白い面白いとは聞いてたんですが読んでみたらホントに面白かった。
まだ途中ですが全巻一気に欲しい。銀河英雄伝説とか三国志とかそういう系好きな人は好きだと思う。戦争ものですしもちろんシリアスなんですが、何故だか読んでると危険な微笑みを浮かべてしまいます。にやって。


忙しいです。さすがにこれから一週間は修羅場でしょうが。
どーしたもんか…もう流れに身を投じる以外ないんですがやっぱり足掻きたくなるのが人情というか定というか…
とりあえず今年も大晦日から一週間連勤ですけどね。正月なんか私にはない。


あ、忘れてましたけどクリスマス近いですね。
忘れてたら悪いので今のうちに言っときます。メリクリー!


地獄がやってくるぜ…




posted by sui at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

世界を知りたい。

風邪が治ったのにまだケヘケヘ言ってます。お薬さぼってるからかなぁ…(それだ)


今日ふと過った思い出。


『あなたはさ、911(ナイン・ワン・ワン)のテロの時、何を思った?』

チャイニーズ系のカフェで唐突に問ってきたのは、韓国人の女の子。
とても仲良しで、私は彼女とずっと一緒に行動していた。

『…酷いテロだなって思った。凄くショックだったよ。』

言葉を選びながら慎重に答えた。既に自分の価値観が”日本寄り”であることは気付いていたから、知らないところで他国の友人を傷つけてしまうのを防ぎたかった。
彼女は暗い間接照明の下で、ニッと笑い、

『私はその時、韓国にいたけど、』

拳を天井に突き出して声を張り上げた。

『「やった!ざまあみろ!」って叫んだわ。』

そして唖然としている私に向かって言う。

『この国が何をして来たか知ってるでしょう。きっと私だけじゃない。世界中で『ざまあみろ!』って叫んだ人が沢山いる。そうでしょ?」

ハッキリそう言う彼女に、私は何も言えなかった。
目の前でシャボン玉がパチンと弾ける。まさにそんな衝撃で、私は劇的に悟った。

私は何も知らない。友達である彼女のことも。彼女が育った韓国という国も。今いるアメリカという国も。その過去に何があったのかも。何も知らない。

ーーー何も知らない。



ーーまぁ、悟ったとして、それで私が劇的に変化するようなことはないんですが。
あ、ちなみにもちろんですがこれは私の友人のお話であって、彼女の母国の方がみんなそんな風に思ってるわけじゃないです。私の友人がちょっと過激だっただけ。
でも、”知らない”じゃ通用しないんだなってのは身にしみて理解出来ました。
世界は私が思ってるよりもずっと厳しくてシリアスで、酷い。善とか悪以前の問題で、もっと深刻に歪んでいて…怖い。
彼女とは他にも竹島についても語ったのですが…自分の無知さに恥ずかしくなるばかりでした。

彼女達と出会う前は、世界のことを随分楽観的に考えてたんだなって思います。
世界平和だっていつか出来るんじゃないの?って普通に思ってた。何も知らないのに。
他国の友人に自分の国を糾弾されて、そこで初めて「あれ?なんか…複雑じゃない?」って吃驚した。
自分の力じゃどうしようもなくて、弁解すら出来なくて、否定したくても根拠もなくて。
あの時ほど脳天から宇宙に突き抜ける勢いで”知りたい!”って思ったことはないです。

世界を知りたい。私の知らないことならなんだって知りたい。知らずに幸せに生きるよりも、知って不幸になるなら後悔しない。絶対しない!

今思えばあれば私の青春だった気がします。否、今だって青春のど真ん中。(まじでか)
その知識欲は今でも私の中で燻っています。むしろ情熱ってやつですね。


あれ?今日は別のことをブログに書こうって思ってた気が…
まぁいいか。










posted by sui at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

風邪だってば

風邪を引きました。ここ一週間ほど微熱と鼻づまりと咳と頭痛の卍固めにあってます。
ので、とうとう病院に行きました。なんか肺から変な音がするとか肺炎かもとか散々お医者さんに不安を煽られておきながら結果はただの風邪でした。なんじゃそら。
お医者さんもレントゲン見ながら首を傾げて「おかしいなー」とか言ってたんですが、私大丈夫だよね?(ドキドキ)
まぁなんてことななかったので本当は病院後仕事に行こうとしてたんですが、職場から先手を打たれて休む事になりました。勤め始めて初めての病欠。むしろ欠勤。確かにこれ以上迷惑はかけられないので、ここらで休んだ方が身体にはいいのかも…
しかし突然のお休みに何をしていいのか分からないすっかりオーバーワーカーなジャパニーズを地でいってる私でした。


428〜封鎖された渋谷〜(Wii)を購入。
まだ序盤中の序盤なんですが、うん、面白い!
システムが秀逸ですな。以前のサウンドノベルも結構やってたんですが、あれらはBAD ENDになるともう一度最初からシナリオをクリア(もしくはセーブのところ)しなきゃだったのでかなり面倒だったんですが、今回のは多角的な視点からで、5人の登場人物の誰か一人がBAD ENDになっても他の登場人物の選択次第でBAD ENDが回避されるという…。
BAD ENDになったとしても、其の後のヒントが適切で分かりやすく、「あー、あそこで別の選択をすればいいのか!」とやり直す気力が湧きます。
作りも凝っていて、オープニングはまるで今時なサスペンスドラマのようでした。
特典も豪華です。TYPE-MOONを起用したり、時勢にのってます。ファミ通クロスレビューで超久しぶりの満点をたたき出したことはある、骨太サウンドノベルです。
とはいえ、サウンドノベルというジャンル事態に好き嫌いがあると思うので、そんなに爆発的には売れないんじゃないかなー。(という見解)
まぁ私は◎です。面白い。Wiiを持ってたら是非お試しあれ。

先月と今月だけでゲームを5本以上買ってしまったような…(もう考えたくない)
クラブニンテンドーのプラチナ会員です。すっかり。今年はマリオの帽子が欲しかったけど家族の反対でゴールデンハンドルになったぞー。(プラチナ会員特典)マリオの帽子被ってジャンプしたかったのに…





posted by sui at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。