2009年08月28日

名前探しの放課後

図書館で借りてきた小説が久しぶりに満塁ホームランです。
徐々に期待が塁に出て行って、最後の最後で期待以上のホームラン&余裕のホームイン!
う〜ん、清々しい!こういうのがあるから、読書ってやめられない!

読んだ本はまたもや辻村深月さんの『名前探しの放課後上・下』。
前回の短編集もさすがだな〜と思っていたわけですが、
今回のは…『スロウハイツの神様』と同じ、いやそれ以上に面白かった。
ある時ふと、自分が3ヶ月前の過去に戻ってしまったことに気づいた主人公・いつか(男)が、3ヶ月後に起こるクラスメイト(身元不明)の自殺を防ぐ為に仲間と奮闘するっていうあらすじ。
ここからはちょっとネタばれ。
これから読む人は極力読まないでね!損するよ!














何より嬉しかったのが、『ぼくのメジャースプーン』のあの二人がレギュラーで出ていたこと!途中でもしかして?とは思ったんだけど、やっぱり辻村さんは名前で騙すの上手いなぁ〜。あれってやっぱり、秀人くんが力を使っちゃったんですよね?それが最終的なオチでOK?(私の解釈間違ってない?という意)あと、『凍りのくじら』もリンクしてたし(気づくの遅くて彼が『どこでもドア』って言った時に「あ!」って叫んだ)、『スロウハイツの神様』のチヨダ・コーキの名前が出た時は、本当に嬉しかった!同じ世界で生きてるよ彼ら!って。
辻村さんの話は本当に人間の本性というか、綺麗なものも汚いものも含めてそういう感情を書くのがすごく上手い。特に”嫉妬”とか”劣等感”とか、そういうのを書かせたら、私彼女以上に上手い人を知らないよ。
今回は、もう本当に騙された!って普通に叫んじゃうくらいだった。上巻を読み終わって「この本のオチは大体わかった」なんて知った顔してた自分が恥ずかしい!
気持ちよく騙されたなぁ〜。だって(本の中の)皆演技上手いんだもん!
う〜ん、久しぶりに興奮して読めた〜。満足じゃ〜



























という感じで、今回のチョイスはバッチリでした。
辻村さんの話好きだなぁ〜〜。確か新しいの出てるんだよな。
彼女の話は私的に外れがないです。もう作家さんを信じてる。

ちょっと『ぼくのメジャースプーン』を読み返してもっと興奮に浸ろうと思います。
うーん、悦…

posted by sui at 21:47| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2010年04月08日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

名前探しの放課後 辻村深月
Excerpt: 不可思議なタイムスリップで三ヵ月先から戻された依田いつかは、 誰かの事件を止めるため、同級生の坂崎あすならと動きはじめる。 刹那的...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-04-08 11:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。