2010年01月14日

光の側に




光の側に影あり。だが影を貶めてはならない。影をつくるのは光なのだから。




という気分。(どういう)
書き始めた小説で早くも壁にぶち当たりました。
ネットに書いていいのかどうかも分からないワードなのであえて伏せますが、やっぱり実在する団体名は控えるべきですよね…。
でもなぁ〜。もうそれありきの設定なんだよなぁ〜。
名前を変えてみる…か?でもそれじゃあ活動内容が伝わらない…

キャラはね、勝手に動いてくれそうな感じです。
特に新キャラが好き勝手します。またもや大人に振り回される小夜&月也。
いいんです。大人も子どもも自分の思惑で成長していくのだ。
押し付けがましい、でも純粋な思いやりと自己満足で子どもを守る大人と、そんな大人に反発しながら悩んで転んで成長していく子ども、みたいな関係を書きたいのです。
まぁ書き始めた当初の設定はホームドラマチックなラブシリアス(もう口が裂けても言えないorz)だったんですが…、今や現代戦争裏暗躍物語+α。思えば遠くへ来たもんだ…
書きながら、なんでこのジャンル(現代戦争もの)を書く人少なのかなーとか(普通に誰も興味がないからだとは何故か思わなかった)思ってたんですが、書いてみて分かりました。

書くの超怖いです。

だって、調べるだけで逮捕されちゃう国だってあるんだぜ。名前載せただけで家族消されちゃう可能性も無いとは言い切れないんだぜ。何が正義で何が悪か、本当に曖昧な世界なんですよこれが。むしろ表裏一体という言葉をすごく実感した。色々具体例を書きたいけどそれすら怖いという…。言論の自由は何処…

とりあえず今からまた書きます。1話分(何分割になるかはまだ未定)書けたらUPする予定です。あと5話(というか5章?)とちょっと、お付き合いくださいませー。





posted by sui at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

ふたりであるく。

むふう。雪が随分積もりましたね。
いっぽもでたくない。


ということで、勢いだけで書き上げました。

ブログ一周年記念小説『I'm home. 』閑話・ふたりであるく。
↓↓↓
http://sky.geocities.jp/shiratama_choco/1kikaku_index_sui.html

当初別の話を想定して、それも書いてはいたんですが、今ここで書くと余計分からなくなるだろうなーと思ったので、とりあえず本当に第二部のつなぎで。
第二部はこの話の直後に始まります。予定ですが。(これから書くという恐ろしい事態)
とにかく書けるうちに書けるだけ書いちゃいます。
どうも2、3月あたりから忙しくなりそうな予感がするので…

それにしても書いてて清々しいまでに会話のない二人です。どうしたいの?>自分
一足飛びにラブい展開にはなりそうにないのですが(というか今後二人がそういう関係になるのか書いてる私にも分からなくなって来た)少しづつ心の距離が近づく様を書きたいなぁと思っています。
でも話数の関係上あんまりのんびりはしてられないので、ちょっと追い込んでみたり揺さぶってみたり脅してみたりありとあらゆる姑息な手段で追いつめて行くよ!(非道)
もういっそこの縛られた話数とタイトルを破綻させてやろうかとも真剣に考えているのですが…じゃないと書きたい内容が収まらない感が爆発です。
いやいや、贅沢はいわず、とりあえず目先の二人の関係を描くことに全力を尽くすべきだ。これ以上風呂敷を広げたら地球が包めるぜ!
ということで、これからものんびりとお付き合いくださいませ。

あうー。寝不足じゃ…



posted by sui at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えーっと…

えー…。

あの、もう本当にどれくらい前になるか自分でも思い出せないという最悪な事態なんですが…


ブログ一周年記念小説・I'm home 第五話『I'm here.』5−5UPです!(ジャンピング土下座)
↓↓↓
http://sky.geocities.jp/shiratama_choco/1kikaku_index_sui.html


いやぁ、本当に…もうどの面下げてなので、いっそ無視しまくろうかともちらっと考えたことがあったりするダメダメな私ですが、どうにか第一部までは完結させることが出来ました…。ものすごく安心した…。
かなり時間があいてしまっていたので、書き方とか大分変わってしまいました。読み難くてすみません…
色々なバージョンで書いていたのですが、どれもぴんとこないまま、いつの間にか書けなくなっちゃてました。怖い。スランプ怖い。(ガクブル)
どうにか再び書き始めてからも長くて辛かった。まず、書き始めた当初と今じゃ私の考え方自体に変化があっていたので、その溝をどう埋めて話を進めるかという作業がもう本当にしんどくて。
大体風呂敷がでかすぎるので、詰め込む情報も尋常じゃない量なのです。
それを端的に、しかも先に題名ありきて…どこまで私はチャレンジャーなのかと。タロットカードの愚者は私の為にあるのかと。(良い意味でとるとものすごく自信過剰だが)
でも書く事を諦めなくて良かった。まだ書けると分かっただけでも、この一話は私にとって大きな意味があります。

次は閑話挟んで第二部になります。え?更新?そりゃあもう…や、やりますよ。うん、多分(そわそわ)
とりあえず、閑話ですが…。まず何本になるか未定です。えへ☆
いや、話の流れ的に挟めるものが限られているので…多分一部と二部のつなぎ的なものになるとは思うんですが…
でも書きたいストーリーは一杯あるのだと書きながら思い出した。
知識が絶対的に足りてないけどね!

こんな話で良ければ、もし更新が最高に遅れても構わないのであれば…!どうぞこれからもお付き合いくださいますよう、伏してお願い申し上げます。

それではまた。

posted by sui at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ありすぎる日々。

もう、もうもうもう!どうしてくれようこの喜びを!

辻村深月さん、直木賞候補おめでとうございます!!

知り合いでもないのになんでこんなに嬉しいのか…!しかも候補なのに…!
やっぱりずっと(陰ながら)応援していたので、感激一入(ひとしお)です。
今回は『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』が候補作とのことですが、彼女の筆力なら、今回獲れなくともいつか必ずと信じています。
あんまり早く賞を獲ると良くないって聞くし!(知ったかぶりです)
↑の情報は読書仲間のメル友さんに教えてもらったんですが、あんまりにも嬉しかったからケーキ屋でちょっと高めのプリンを買って来て、一人で勝手にお祝いして食べました。
こういうことで幸せになれるなんて…私って単純なんだな!と初めて思った。うん、誰がなんというと初めてだ!


昨晩は夜2時頃までファミレスで前の職場の方々とおしゃべりに花を咲かせました。
師匠と二人で4時間くらいずっと海外ドラマの話で盛り上がったよ!Dr.HOUSEは最高だよね!ハウス先生のあの嫌そうな顔が好き。(笑)
あとグレイズアナトミーのヤン先生が好きだ!と言ったら「捻くれた人が好きなんだね」とさらっと言われました。気付かなかった…!
彼との会話は有意義で好きです。本音を言うと半分くらいは難しくて理解出来てないんだけどね!
トラベラーズノート仲間だし、これからも縁が続くと良いのだけれど…


数日いいことが続いたから、次は落ちるぞーと分かってしまうのがもう嫌だ。
波風のない日々は嫌ですが、ありすぎる日々も考えものだわ。
posted by sui at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

もやもや

あー、もやもやしてたら一日でハードカバー4冊読んだ。
え、一冊何時間ペースよ自分。と自分に突っ込んだ。
もっと勿体ぶって読みたかった。
ちなみにブログに感想書く本は大抵面白かった本で、読んでいまいちだった本はさらっとスルーします。記録に残さない。記憶にもあまり残らない。えへ。

もやもやですが、大体悩み始めて三日すると悩み疲れて「もういいやー!」って
なっちゃう私ですが、うん、今回ももう悩み飽きたからもういいや。
飽きたー。もう考えるのが面倒だー。
県民性で面倒なことが嫌いとありましたが、その点は本当に私は県民。
あと鳥大好きなところとかね。(肉ね、鶏肉!)
とりあえずまた前進してみて、ダメなら考えればいいや〜。
諦めが(やたらと)早いところが、自分の性格の嫌いなところでもあり、唯一好きなところでもあります。立ち直りも早いよ!


来月の予定で少し悩んでいたり。旅行どうしようかな〜。
この機会を逃したら次はいつになるか本気でわからないので、
行けるうちに行っておきたい。お金さえあれば…!
予算を押さえて、なるべく長く…
…それでも最長三泊四日くらいだろうなぁ…
う〜む…


posted by sui at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

獣の奏者 完結編

気分が乗らないときはなるべくものを書かないようにしているんですが(というか書けない)鉄は熱いうちに、本は読んだらすぐに感想を、ということで。

上橋菜穂子著 『獣の奏者W 完結編』

519AGBMpLuL._SS400_.jpg

遂に完結…お疲れさまでした。
1、2巻の終わりも圧巻でしたが…この3、4巻は…凄まじいです。
まずエリンとイアルの息子のジェシ。
彼の成長は読んでいて微笑ましくもあり、痛々しくもありました。
両親が背負ってきたものを、時に否定し受け入れながら強く育って行く彼は、エリンとイアルにとってはもちろん、未来への希望だったのだろうなぁと思います。
次にやっぱり悲劇のヒーロー(涙)イアル。
1、2巻からずっと「可哀想な人」という認識でしたが、やっぱり本当に可哀想な人です。
いや、彼にとっては幸せだったのかもしれない。
エリンちゃんと出逢って、ジェシが産まれて、堅き盾<セ・ザン>の時では考えられなかった”家族”を持つ事ができたのだから。
あえて最後は言いませんが、彼は最後までヒーローで、一人で戦うエリンちゃんを救い出す素敵な人でした。
そしてエリン。彼女に対してはもう…お疲れさまとしか言いようがない。
長かった。でも短かった。彼女の人生は、本当に一言では言えない苦悩に満ちていたなぁ。
それでもやはり、イアルと出逢えてジェシを産んで、王獣のリランたちと一緒に空を駆けて、彼女は彼女なりの幸せを掴んでいたのでしょう。
最後のシーンは、本を読んでいるような気がしませんでした。壮大な映画を見ているみたいだった。あんなに壮大で哀しい映画は…ないなぁ。
本当にこれでおしまい、というおしまいです。続編はない。もし続けても、きっとこの繰り返しになるだろうってくらいまで、極めてしまっています。
戦は繰り返される。その時、何を大切に想い、何を守り、何と決別し、何に命を賭けるか。
混迷を極める時代に巻き込まれながらも強く生きた、一組の家族のお話。
まだ読んだ事がないって方は、是非ともアニメやコミックよりも先に原作をっ!
これって一応ジャンルは児童書ですから、読み易さは保証です。内容は全然手抜かりがない堅い土台の上のファンタジーです。むしろ大人向けだと思う。子供にももちろん読んでもらいたいけどね!
いつか文庫になったら全巻揃えたいなぁと思っています。(ハードは揃える金がないぜよ…)
著者の上橋さんも作中の人々もこの本に関わった全ての方々、とにかくお疲れさまでした!


他にも数冊気になっていた本が借りられてうはうは。
そういえば前借りて来た本もだけど、今借りてるのは全部女性作家さんだなぁ。
読んだ本をカウントしようと思って(というかリストを作らないと同じ本を何度も借りるというバカみたいなことをやってしまうので…多いのは伊坂幸太郎。/汗)いつも忘れるので、今年こそはと思ってますがもうすでに正月三が日の記憶がないという。(なんか読んでた気がするけど全然覚えてない…)
うーん、なあなあで今年が始まってしまった…。


posted by sui at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

名もなき毒

図書館で一度の貸し出しのMAX5冊を年末に借りて来てたんですが、最後の一冊を読み終えました。

宮部みゆき 『名もなき毒』

101596b.jpg

読み終えて…ものすごく哀しくなりました。はぁ〜↓
宮部さんの話らしい、理路整然としたミステリーなんですが、絡まってくる話が一つ一つ結構重たくて…いや、それはそれでとても興味深かったんですが。

内容はこんな感じ。

どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。 Amazon概要参照

毒です。本当に毒です。最後まで毒が関わってきて、こちらも毒に当てられそう…
可哀想な人が沢山出てきます。理不尽で許せない人も。
皆が皆、自分の毒を抱えて、自家中毒になりながら生きてる。なんか妙に心が痛いよ。
敢えて見ない様にしていた現実を突きつけられてるような感じです。
ということは、きっと私にも思い当たる”毒”があるんでしょう。
とても直視出来ないような禍々しい毒を、私はどうやって処理してるんだろう?皆は?
…はぁ…。久しぶりに本読んで落ち込みました。
そういえばこの本が出た頃に丁度京極夏彦さんの『邪魅の雫』も出て、両方とも毒繋がりだなーと思った記憶が。
あれも読んだ後に暫く凹んだからなぁ…。なんだ、毒に弱いのかな私。

あ、話自体は本当に面白いお話なので、ミステリー好きにはおすすめです。
だけど根っからのハッピーエンドじゃないので、どうぞお気をつけ下さい。


今週・来週あたりがちょぴっと忙しい予感。
まぁ月末も忙しい予定で来月も最初から忙しいんですが。
いい感じで悶々としているので、少しは気が晴れそう。
天気は荒れてますけどねー。雪は好きなんですけど、運転するとなると別です。
どうか今年一年事故を起こさずにすみますように!人を殺さずにいられますように!
それだけが願いです。



posted by sui at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

私の正月

NHKの龍馬伝を観てます。
福山龍馬、ありです。うん、そんなに違和感ない。
あの頃の日本史は大好きなので、キャスト見てるだけでワクワクします。
夜明け前のあの時代を、福山龍馬さんがどう駆け抜けるのか期待です。

福山さんといえば、最近彼の「最愛」を聴いてまた長崎に行きたい病が…(こじつけ)
「道標」聴いても行きたくなるんですけどね。うん、とにかく行きたいんだ私は。
「最愛」はあの出だしの歌詞が素晴らしいと思う。

夢のような人だから 夢のように消えるのです

美しい歌です。


お正月だというのに全然そんな感じがしないのは私がぷち引きこもりだからでしょうか。
今年まだ家族以外誰にも「あけおめ」って言ってないぜ。口で。
とりあえず来月の旅行の予定をせっせと立てたりホテル見たりして遊んでます。
あとカルーア飲んだりね!今日は大きい方の瓶を買っちゃったよ!もうダメだね私!
他はギター弾いたり…ネットしたり…まぁ自由な感じでだらだらと。
迎えと食品の買い物以外外に出ない正月でした。まぁ、これからだよ、私の正月は。



posted by sui at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

謹賀新年

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

2010-022.gif

新年、明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
2010年が皆様にとって素敵な年でありますように!
本年もどうぞよろしくお願いします。


2010年元旦 sui


昨晩あまりの睡魔に10時に就寝してしまいました。
目が覚めて新年な感じが0でした。え?本当に年明けた??
今年はどんな年になるのでしょうね。
また想像もつかないようなニュースがあるんだろうな。
とりあえず私は2月に予定がぎゅっと詰まってます。
それもこれも小林賢太郎LIVE POTSUNEN 2010 『SPOT』の福岡公演が
片桐さんの舞台の週と被る為…!!や、休めるのか…!?
でもプレオーダー当たるといいなぁ〜〜!

今日は寝正月だ!いぇい!
















posted by sui at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

よいお年を!

今日は吹雪いてた…。吃驚するくらい寒いよ!


今日は久しぶりに会った友人と次の旅行の計画を立てながら楽しく過ごしたよ!
次は福岡だ!(近っ!!)
いや、本当は鳥取の予定だったんですが(るるぶまで買ってた)冬の日本海は厳しいという話になり(根性がなさすぎる)ならば九州はどうだと。
長崎とかよかばい!と言ったんですが、私よりもフットワークが軽い彼女は
私との旅行を予定する日の一週間前に京都から千葉まで移動しているので、
さすがに日本列島半縦断はキツかろうという話になり、
じゃあもう近場(私にとってはね)で福岡にするばい。とね。
いやー、近いから泊まったことなかったので、ちょっと楽しみ。
どうせなら私は長崎→福岡というプランで行こうかなーとも考えてます。
なんか無性に長崎に行きたい…それか山口。
旅行はよかばい。


あと6時間弱で今年が終わる…
色々やり残したこととかあるんですが、まぁ来年に先送りの形で。
今年も色んな人にお世話になりました。
来年もきっとすごくお世話になるんだと思います。どうぞよろしく。
皆様も残り少ない今年を、ご家族と、お友達と、恋人と、ご同僚の方などと楽しくお過ごしください。
来年もよろしく!
ではでは良いお年を!



posted by sui at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。